新世代ネオソウルバンドMoonchildの3rdアルバム「Voyager」

あのスティーヴィー・ワンダーも称賛!

Moonchild(ムーンチャイルド)はカリフォルニア州・ロサンゼルスを拠点に活動するネオソウルバンドです。

メンバーはAmber Navran、Max Bryk、Andris Mattsonの3人で構成されており、音楽の好みが一致したことをきっかけに2011年に結成されました。

彼らの音楽は、ソウルと現代的ジャズを掛け合わせたようなスタイルでスティーヴィー・ワンダーをはじめ、ロバート・グラスパーをも魅了する、いま話題の新世代ネオソウルバンドです。

秋にしっとり聴きたいおすすめの1枚

そんな彼らが2017年にリリースした3rdアルバム「Voyager」は都会を離れ、カリフォルニアの山荘でレコーディングが行われました。

鳥のさえずりや滝の流れ落ちる音など自然からインスパイアを受け完成したそう。全体的に神秘的でボーカルAmberの上品かつ繊細な歌声と、おだやかに奏でられたシンセサイザーや耳心地の良いギターの音色が優しく包み込みます。

彼らが自然の中で作り上げたように、今秋の黄金色に色づいた木々を眺めながら、ゆったりと過ごすリラックスタイムのお供に、あえておすすめしたい1枚です。

Related Article

More Music Topic