ミシガン州デトロイト出身、現在はLAへと移住し、LAを拠点に活動するR&B/ソウルアーティスト、Jacob Sigmanが2023年1月6日に最新EP『Sticks And Stones』をリリースしました!

Jacob SigmanはStevie WonderやMarvin Gaye、The Temptationsといったデトロイト発祥のモータウン・サウンドをこよなく愛し、彼自身のソングライティングにも反映されているのだとか。

Bruno MajorPJ MortonVulfpeckのようなテイストを彷彿とさせ、トラディショナルなソングライティングとモダンなプロダクションを見事に融合させた親しみやすいサウンドもJacob Sigmanの魅力の一つです。


Sigmanは、2020年からのロックダウンといった行動が制限されるようになってからは、インターネットへとシフトし、Tiktokでの活動を通じて新たな創造的エネルギーを見出してきました。

世の中が閉ざされた状況下であっても、彼はスピードを落とすことなく楽曲制作や発表を続け、以降2021年には6曲入りEP『Why Do I Die In My Dreams』をリリース、2022年にも3枚のシングルをリリースしています。

そんな勢いのあるJacob Sigmanが6日にリリースしたばかりの最新EP『Sticks And Stones』は、2023年の第一弾に相応しい表情豊かな楽曲が収録された1枚となっています。

2022年に発表されたシングル曲「Leave Me Alone」、「Strawberry Blonde feat.Jade Nicole」を含むバラエティに富んだ全4曲が収録されています。

タイトルトラック「Sticks And Stones」はホーンアレンジとビートが効いたおしゃれな1曲でMoonchildがお好きな方にもおすすめです。

2023年もJacob Sigmanの活躍に期待!これまでと今後の彼の作品もぜひチェックしてみてください!

Jacob Sigman / Sticks And Stones - EP
Spotify | Apple MusicAmazon
Follow Jacob Sigman
Instagram | YouTubeTwitter | Facebook