Beau Diakoが待望のデビューアルバム「Nylon」を4月1日にリリース!
Photo Credit:Kasia Kawalek | Image supplied by publicist

イギリス・ロンドンのプロデューサー・ギタリスト、Beau Diako。オリジナリティ溢れる唯一無二のギタースタイル、ジャズやネオソウルが心地よくブレンドされた新しいサウンドが魅力のアーティストです。

これまでにEmily KruegerとのR&Bデュオ、ZoologyとしてDebut EP「Bloom」 をリリース。TennysonやGalimatias、Lidoなどともプロジェクトを共にし、マルチに活動をしてきました。

一昨年にはソロ名義での初デビューEP『Flutter』をリリース。こちらは2019年、私自身が最も聴いたEPの一つであったこともあり、恐れ多くもベストアルバム(EPも含む)記事の中で特別な1枚にピックアップさせて頂きました。(EPについてはよろしければそちらもご覧下さい)

『Flutter』をリリース後もコンスタントにシングルをリリースしてきたBeau Diakoですが、遂に待望のデビューアルバム『Nylon』を2022年4月1日にリリースすることが先日発表されました。

今年に入ってリリースされたばかりの最新シングル「Nylon」はアルバムのタイトルトラック。


この曲では、オーストラリアのインディー/エレクトロ・ポップ・バンド、ToraのメンバーであるTobi Tunisをフィーチャー。ゆったりとしたアイランドビートにTobi Tunisの滑らかな歌声と、Beau Diakoの優しいナイロン・ギターが穏やかで心地よい楽曲です。

Tobi Tunisとは、前述のデビューEP『Flutter』収録曲「Cute」でもコラボレーションしています。

Beau Diako“ 才能ある友人Tobi Tunisと組むのはいつも光栄で楽しいことです。彼の滑らかな歌声は最高で、いつも美しいメロディーを書いてくれるので、聴き飽きることがないんだ。” とコメント。

Tobi Tunisも、“ またしてもBeauは、彼の音楽の宝石を私に恵んでくれることになったんだ。最近レゲトンビートにハマっていた私に、突然この曲が送られてきたのだから不思議なものです。私はこの曲を聴いて、我を忘れ、朝食を抜いてスタジオに直行し、この曲のために作曲とボーカルの録音に1週間を費やしました。” と話すことからも、お互いが厚い信頼を寄せていることや、才能が共鳴し合う素晴らしいパートナー同士であることが伺えます。

最新AL『Nylon』は、この最新曲の他、既発シングル「Fretless(feat.Bas)」、前作EP以来こちらも再びのタッグとなるemawkとの楽曲を含む、全14曲が収録される予定です。

最新ALがリリースされるまでの間、音楽界の新しい才能Beau Diakoのこれまでの楽曲もぜひお楽しみください。

Pre-save
https://orcd.co/beaudiakoalbum

‘Nylon’ album tracklist:
1.    ‘Introforsomething’
2.    ‘Fretless’ (featuring Bas and Etta Bond)
3.    ‘Nylon’ (featuring Tobi Tunis)
4.    ‘Birthmark’ (featuring emawk)
5.    ‘Alone’ (featuring Ego Ella May)
6.    ‘Settle Down’ (featuring Rad Museum)
7.    ‘Turn Your Phone Off’ (featuring emawk)
8.    ‘Normal’ (featuring Emilia Ali)
9.    ‘Marina’ (featuring Galimatias)
10.  ‘Afloat’ (featuring Miso)
11.  ‘The Care’ (featuring Tobi Tunis)
12.  ‘Wake Up’ (featuring Alann8h and Bel Cobain)
13.  ‘Walking On My Toes’ (featuring Tennyson)
14.  ‘Lychee’ (featuring Yvette Young)

Follow Beau Diako
 YouTube
 Instagram
 Facebook
 Twitter

Beau Diako - Nylon
Spotify | AppleAmazon