若き天才の原点!Tom Misch「Beat Tape 1」を公式リリース!


Tom Mischは、サウスロンドン出身のミュージシャン/プロデューサー。
2012年にSoundCloudで楽曲を投稿し始め、2018年デビューAL「Geography」が世界中で大ヒット。2020年4月にはジャズドラマ―のYussef DayesとのコラボAL「What Kinda Music」をリリース予定。
日本をはじめ、今や世界中のファンが彼の新作を心待ちにしています。

「Beat Tape 1」」を待望の公式リリース!

2014年、若干19歳にして発表した「Beat Tape 1」」。
作曲から演奏、ミックス、マスタリングまで全てTom自身が行なった完全セルフプロデュース作品。その非凡な才能はシーンに衝撃を与えました。
本作は15歳ごろに当時妹のボーイフレンドに教えてもらったというJ Dillaからインスピレーションを得ています。Jazz、Soul、Hip Hopを融合したお洒落なサウンドが魅力的。

現在ではJohn MayerやEric Claptonも認める新世代のギターヒーローであるTom Misch。この時すでにギタリストとしても完成していたことを感じさせるギタープレイも随所に楽しめます。

リマスターを施した全19曲を収録。
今回新たに追加された完全未発表曲「Marrakech」も必聴です!

Related Article

More Music Topic