Photo Credit:Jason Frank Rothenberg
Photo Credit:Jason Frank Rothenberg


Dirty Projectorsは、Dave Longstreth率いるブルックリンのエクスペリメンタル・ロックバンドです。2002年にソロ・プロジェクトとしてその産声をあげ、2009年リリースのアルバム「Bitte Orca」で大ブレイクし、USインディーシーンを牽引する存在となりました。

今回リリースされた「Inner World」は、温かみのあるキーボードと、パーカッシブな電子音が強烈なインパクトを誇る一曲。丁寧につま弾かれるアコースティックギターのサウンドや時折入り込む犬の声など、聴けば聴くほど味わい深い楽曲に仕上がっています。


リード・ヴォーカルを担当するFelicia Douglassは、Dirty Projectorsの他にもAva LunaやGEMMAなど多数のバンド・ユニットに参加する大注目の逸材。彼女の柔らかくも芯のある歌声によって紡がれる言葉は、私たちに「今、必要な一歩」を踏み出す力を与えてくれることでしょう。

年内にEP5作の連続リリースを予定しているDirty Projectors
本曲が収録されたEP「Flight Tower」に次ぐ3作目、「Super João」は2020年9月4日リリース予定となっています。



Related Article