• HOME
  • Fresh Picks
  • 実力派ベーシスト!Sam Wilkesがライブアルバム「Live on The Green」をリリース!

実力派ベーシスト!Sam Wilkesがライブアルバム「Live on The Green」をリリース!

Sam Wilkesは、カリフォルニア州ロサンゼルス在住のジャズベーシスト、コンポーザー。
主にフェンダーのベースを愛用しています。

また、Louis Coleがドラムを務めるKnowerやJacob Collierのサポートメンバーとしても活躍。
ソロとしては、2018年にリリースした「Wilkes」がバイヤーやライターなどからベストディスクとして紹介されました。

そんなSam Wilkesの新作はライブアルバム。
2018年11月15日にHighland Park Ebell Clubで開催したライブ音源です。

スピリチュアルジャズサウンドの要素も散りばめられていて、新世代ジャズやネオソウルが好きな人にもオススメ!

すでに先行リリースされているalmaも必聴です!

 

Cover Photo by Annie Spratt on Unsplash

\ Share 👍/

related article