これぞヒップホップ・バンド!young bullのセッション・アルバム「Deep sound session」

新世代が纏うオールドスクールの空気感。

young bullはノースカロライナ州に拠点を置くヒップホップ・グループ。

ハイセンスな楽曲はもちろん、彼らのもとに集った多数のミュージシャンと共に行われるライブ・セッションから放出されるエネルギーに心打たれる人は多く、ジャズやソウル、ファンクのファンをも巻き込んで彼らの名は全世界に広まりつつあります。

エネルギーの結晶のような最新作

2020年4月にリリースされた最新アルバム「Deep sound session」は、スタジオに招かれたミュージシャンと共にセッション形式で録音された一枚。

申し分なしのハイレベルな演奏の中で、自由時自在に飛び交う言葉たち。
呼吸までシンクロしていると思わせるほど息の合ったドラムとベースに、身を委ねる様に音を重ねるメロウな音作りのギターとキーボード。

まるでその場に居合わせているかのように丁寧に録音された音源の世界に飛び込めば、生命力ほとばしる演奏に思わず表情筋が鍛えられること間違いなしの臨場感あふれる作品です。

ライブが観たい!と思わせるグループ

「Deep sound session」収録曲の一部は、セッションの映像付きでYoutubeに公開されています。

映像が加わることで、よりストレートに伝わってくるプレイヤー同士の対話のようなぶつかり合いはとてもエキサイティングで、視聴後の爽快感もひとしお。

今すぐに彼らのライブに足を運ぶことは少し難しいですが、お気に入りのヘッドフォンと飲み物を片手に、彼らのスタジオ・セッションにお邪魔してみてはいかがでしょうか。

related article