ブルーアイド・ソウル・シンガーJMSN「Velvet」、80年代好きにおすすめの1枚!


JMSN(Christian Berishaj)は、アメリカのシンガー・ソングライター、プロデューサー、マルチインストゥルメンタリスト、エンジニア、ミキサー。

オルタナティヴ、パワーポップグループのLove ArcadeやChristian TVでの活動を経て、2012年よりソロ活動を開始しました。

Prince、Radiohead、Phil Collinsなどのアーティストの影響を受けて、2012年にデビュー・アルバム「Priscilla」をリリース。

このアルバムは多くのアーティストの注目を集め、Tyga、Kendrick Lamar、The Gameなど人気ラッパーとのコラボレーションが実現。その後のアルバムでもJ.Cole、Kaytranada、Ta-kuなどとのコラボが話題となり、ヨーロッパ、オーストラリア、中国などで高い評価を得ています。

1980年代がキーワード! 通算6枚目のアルバム「Velvet」

今回PICK UPするアルバム「Velvet」(2018年)は、1980年代のノスタルジアと現代サウンドをミックスした懐かしさの感じられる1枚。

しかし80年代のサウンドを意識しつつも「Velvet」に収録されている14曲には、それぞれに違ったアプローチが施されています。

愛する人への献身と、愛のためにあらゆることに耐える彼の覚悟について歌った「Levy」をはじめ、

気怠くレイドバックした「Talk Is Cheap」、クラシックなシンセサウンドの効いたスロージャム「Mind Playin’ Tricks」などを収録。

JMSNのソウルフルでセクシーなアルバム「Velvet」、ブルーアイド・ソウル好きは要チェックです!

More Music Topic