LA在住のモデル・ミュージシャンのMallory Merkが10月にリリースしたDebut EP「Strangers」に収録されているタイトル曲の新作MVが公開されました。Mallory MerkはGucciやRihannaが立ち上げたブランドFenty Beautyなどのモデルとしても活躍しながら、曲作りや音楽活動も積極的に行っています。

モデルの仕事から受けるインスパイアまでも音楽制作の一部にしているとのこと。また、現在住んでいるLAでの新たな生活は、Mallory自身そして音楽と向き合う事ができたとし、創造的なエネルギーにとても溢れていたといいます。

今年の3月、Malloryは以前から患っている薬物依存のリハビリ施設に行ったことをインタビューなどで公言しています。彼女の薬物依存、精神疾患、トラウマについての苦悩もMallory自身によって各メディアで語られています。


今作のMVは様々な視点からMalloryにフォーカスされるシーンが続き、そこには多くの人が存在しているはずなのに、彼女だけがなぜか孤立しているような不思議な映像。どことなくMalloryの内省的側面やこれまで感じてきた心の寂しさ、孤独感なども表現されているとも捉えられます。

ネガティブな側面がありながらも、多くの人が抱える悩みを率直に作品に込め、日々強く成長し続けている彼女の存在は今も多くの人の救いや助けになっているはず。

彼女の人間らしさが詰め込まれたDebut EP「Strangers」にもぜひ一度は触れてみて頂きたい作品です。