ロンドンのマルチ・インストゥルメンタリスト/シンガー・ソングライター、Jordan Rakei。最新アルバム『What We Call Life』を9月17日にリリースすることを発表しました。

今作は、彼の内面をも掘り下げた内容となっていて、セラピーを通して自己について学んだことをテーマに歌詞を綴っています。また、サウンド面でも新たな一面を覗かせています。

ネオ・ソウルとヒップホップが融合したおなじみのサウンドはもちろん、エレクトロニックやアコースティックを取り入れ、アンビエントな雰囲気に。アルバムから、彼自身がこれまでの歌詞の中で「最も個人的なもの」とコメントしている新曲「Family」が先行で公開されています。


Related Article
Appears On