Faunessは、ロンドンのシンガー・ソングライター。
アメリカの音楽情報ウェブサイトStereogumがその年の期待の新人をリストアップする「ベスト・ニュー・バンド」の2019年版に選出されました。

そんな彼女の最新EP『Maiden No More』は、Thomas Hardyが19世紀末に発表した若い女性の悲劇を描いた小説『Tess of the D'Urbervilles』の第2部にちなんで名付けられたそう。

EPには、Cora(Faunessの出生名)への手紙として書かれた「It Gets Better」や、変身の象徴とされているトンボにまつわる神話からインスピレーションを受けた「Dragonfly」など全4曲が収録されます。