南アフリカとドイツ出身4人組バンド、Seba Kaapstad
バンド名の由来は、メンバーのセバスチャンがケープタウンに訪れたことが結成のキッカケになったからと推測されます。2016年にデビューアルバム「Tagore’s」を発表しました。

約3年ぶりのリリースとなるアルバム「Thina」は、ネオ・ソウルを軸にしつつ、まるでジャムセッションから生まれたかのようなラインナップ。メロディアスなピアノやHIPHOP、エレクトロニックなどを融合したサウンドは、どれも新しくて心地よく感じられるはず。

「音楽を使って団結し癒すための方法」がテーマの今作は、ジャンルにとらわれないボーダレスな楽曲たちがリスナーの心に寄り添ってくれます。


Related Article