Bad Sunsは、カリフォルニアを拠点に活動するロックバンド。2012年に結成。

The CureやElvis Costelloといった1970年代から1980年代のポストパンクの影響を受けたサウンドが特徴です。

そんな彼らが最新アルバム『Apocalypse Whenever』を1月28日にリリース!先行シングル「Peachy」は、80年代のドリーミーなサウンドに、ストラトキャスター、Voxアンプ、シンセサイザーがミックスされ、印象深い楽曲へと仕上がっています。

アルバムには前述の「Peachy」をはじめ、既発シングル「Baby Blue Shades」、「When the World Was Mine」、「Wishing Fountains」、「Heaven Is a Place in My Head」を含む全13曲が収録されます。