• HOME
  • Styles
  • アジアンポップ全開のNo Romeが新作MVを公開!

アジアンポップ全開のNo Romeが新作MVを公開!

フィリピン マニラ出身、現在ロンドンを拠点に人気レーベル” Dirty Hit ”に所属し活動するノー・ローム。 5月に発売されたEP、Crying In The Prettiest Placesに収録されている「Pink」のMVが公開となりました。

作曲をするときはよくファッションからインスピレーションを得ているという彼。そのカラフルなヘアカラーとは対照的な甘く優しい歌声は、一度耳にすると忘れられません。

そんな彼が活躍する裏にはイギリスのポップロックバンド、The 1975のリードボーカルである、マシュー・ヒーリーにその才能を評価されプロデュースされたことが大きく影響しています。

マシューとの縁もあって、今作品のMVはThe 1975の”UGH!“のビデオも監督したアダム・パウエルが指揮をとりました。

<ad>

アダムの作るMVはカラフルなライティングが効果的なものから、その撮影方法も多岐に渡り、ジャンルを超えた多様な世界観の表現に富んだものが多く見られます。

そんなアダムが監督した今作では、コンテナの中で踊るアジア人女性や随所に映る漢字や日本語で書かれたネオンサインの数々。

登場する赤い車は和泉ナンバーだし…と、日本人にとっては不思議な親近感に包まれるビデオになっております。

アダム監督の手にかかれば、日本語もこんなにクールになるのねと思わずにはいられません。
同曲のライブパフォーマンスビデオも先日公開となっています。ライブパフォーマンスバージョンもまた良い!

まるでノー・ローム自身を表現したような、独特の“アジアン✖️ポップ”で近未来的な世界観をお楽しみあれ。

 

Follow NO ROME
—–
Facebook
twitter
Instagram

Cover Photo by Efe Kurnaz on Unsplash

\ Share 👍🏻/

related article