• HOME
  • Styles
  • Miles Davisの新作MV!?「Moon Dreams」が公開!ジャズ激動の時代を牽引した偉大なる巨人の作品が、新たな解釈で表現される。

Miles Davisの新作MV!?「Moon Dreams」が公開!ジャズ激動の時代を牽引した偉大なる巨人の作品が、新たな解釈で表現される。

日本では「モダン・ジャズの帝王」などとも呼ばれ、誰もが認める伝説のジャズ・トランペッター、Miles Davis

1940年代、ビバップの時代からキャリアが始まり、その後もハード・バップやクールジャズ、エレクトリックとの融合やヒップホップとの接近など、様々な音楽性を模索し影響を与えた偉大な人物の一人です。

そんなMiles Davisが自身の名義で出したはじめての作品「Birth of the Cool」が録音されてから70周年となる2019年に、現代だからこそ出来る表現方法で新作MVが公開されました。

身体中を駆け巡る電気信号のような光の線は、Miles Davisの奏でるストレートではっきりと「そこにいる」彼特有の中音域をイメージしているかのよう。

やがてそれは人物や煙草の煙など、モダンジャズの本場ニューヨークの夜を形作る様々なものへ移り変わります。

チャールストンを踊る男女や愛の形、そしてジャズの激動と共に変化していくニューヨークの姿といった、見れば見るほどに深く表現されている世界にのめり込めるような作品になっています。

ジャンルに捉われず、様々な音楽を作り上げてきたMiles Davisですが、そこには一貫した「クール」なこだわりがあり、初期の作品であるこの「Moon Dreams」からも彼のスタンスは完成されていた事が伺い知れます。

シンプルで無駄のない音の追求と、現代流の解釈で表された映像で、彼の片鱗を改めて感じてみてはいかがでしょうか。

related article