Jazz、Funk、Soul好きなら虜になること間違いなし!ブルックリン発のソウルバンドValipalaがブームの予感!

Who is Valipala

NY ブルックリンを拠点に活動するValipala(ヴァリパラ)。
Key.のAviv、TrumpetのEvan、BassのNick、DrumのMatti、そして紅一点VocalのLaurenから成るファイブピースバンドです。Funk、R&B、math rockやジャズなどの様々なジャンルの要素を取り入れ、彼ららしい独自のサウンドを作り出しているValipala。

2017年10月にリリースされたメジャーアルバム『Mango City』は、それぞれ違うカラーを持つ6曲が収録されています。

このアルバムの1曲目に収録されている、” Mongolian Afternoon ” は80年代R&Bシーンを思い起こさせるようなローレンの歌唱力とアップビートな曲調がどんどん気持ちを高揚させてくれます。
思わず踊りだしたくなるほどのご機嫌ソングで、私もヘビロテする一曲です!

また、この ” Mongolian Afternoon “には、知る人ぞ知るオフィシャルビデオがありまして…Valipalaのユーモアが詰まった独特な作品になっており、オススメです。


また、エヴァンのトランペットソロが魅力的な ” Devotion ” はムーディでちょっとマニッシュな雰囲気。Valipalaのちょっと男前な一面も感じることができます。

そんなバリエーション豊かなアルバムはこちらからどうぞ。


Spotify  iTunes  Amazon



彼らの魅力はライブパフォーマンスにあり!

今回この記事を書くにあたり、ValipalaメンバーのAvivとコンタクトを取ることができたのですが、その際に彼からシェアしていただいたライブでの一幕を、ぜひここで皆さんにも紹介させてください。

 

Love of My Life short ver. / Valipala
ローレンの圧巻の歌唱力!
観客との一体感も相まって、会場全体がローレンの歌声によって上がっていくのが感じられます。
彼女の声にはとてもポジティブなエネルギーを感じますね。迫力があるけれど決して威圧的ではなく、すっと体に入り込んでくる、爽快さがあります。

こちらは ” Butterflies ” のパフォーマンス動画!


各メンバーのスキルフルなアドリブの数々!
彼らの代名詞でもあるダイナミックでクリエイティブな表現力は、音源を聴くだけでは感じきることは難しいでしょう。

ライブでのパフォーマンスだからこそ、彼ららしさが最大限に発揮されているのだなと感じます。
このアドリブ満載の彼らのパフォーマンスを体全体で浴びたい!!

いつか日本公演を実現して欲しくて止まないバンドの1つです。

ニューアルバムは豪華アーティストとのコラボレーションも!

さて、この個性豊かなバンドValipala。
気になる新作情報もバッチリ入手しましたよ!

なんと、次回作はブルックリンを拠点に活動する今大注目の若手シンガーソングライターでサクソフォン奏者のBraxton CookやLAを拠点に活動するミニマル・ファンク・バンド、Vulfpeckを迎えた豪華なアルバムになるとのこと。

そんな、さらなる進化を遂げた待望の最新作EP『Bubble』は2019年秋にリリース予定です!

先行リリースされているシングルはこちら!

Listen on Spotify Listen on Spotify

Yes!(ft.Braxton Cook)/ Valipala

Listen on Spotify Listen on Spotify

Joanne / Valipala

Valipalaから日本のファンへ向けてメッセージ!

未だ日本公演は果たされていないValipalaですが、彼らからメッセージをいただきました。

「Butterの読者の皆さん、是非僕たちの音楽を友達みんなに広めて楽しんでください。いつか日本でパフォーマンスができるようなことになれば、その時は僕らの夢が叶う時だと思います。−Valipala」

本当にいつか日本でもライブして欲しいですね!その日が実現するのを是非見届けたいものです。
ButterはこれからもValipalaの活動を追っていきたいと思います。

Follow Valipala
—–
Facebook
Instagram
 twitter
 Spotify
Apple Music

Written by Me_Ney
Thanks to Valipala



\ Share 👍🏻/