春におすすめのプレイリスト【Mixes】April , 2021

The Coming Of Spring _ Mixes April , 2021

BUTTER MUSIC PLAYLIST

新しいスタートを切るあなたに。Porter Robinson & Madeon「Shelter」

アメリカのDJ・プロデューサーのPorter Robinsonとフランス出身のEDM先駆者・プロデューサーMadeonによって共同制作されたShelter。日本国内でも大きな話題を呼びました。

歌詞もどこか”出発”を想起させる切なさと力強さを感じられる内容となっています。またShelterの公式MVは日本のA-1 PicturesとCrunchyrollによって制作されたショートフィルムが存在します。

オリジナルストーリー自体もPorter Robinsonが手掛けており、約6分の感動的なストーリーも必見!さまざまな思い出を背負ってスタートラインに立つあなたの背中を優しく押してくれるような1曲です。


春にぴったり、軽快なポップソング!GIOVANCA「ON MY WAY」

オランダ出身の女性シンガー、GIOVANCA。「ON MY WAY」は、Benny Singsがプロデュースしたことでも知られる2008年発表のデビューアルバム「SUBWAY SILENCE」収録曲です。

都会的なポップサウンド、自立した女性が主人公の歌詞、ほんわかと暖かく胸をキュンとさせるヴォーカルは、春にぴったりな1曲に仕上がっています。

ポジティブなバイブスが心地よい!Brasstracks & Samm Henshaw「Change For Me」

2020年に発表されたこの曲は、ホーンを使用したBrasstracksらしいサウンドにSamm Henshawのソウルフルなヴォーカルが相性抜群!ロックダウン前に撮影されたMVでは、3人がニューヨークの様々なスポットを巡り、人々と触れ合う様子が映し出されています。

楽曲、MVともに新生活への背中を押してくれるようなポジティブで喜びに満ち溢れた作品です。


前進あるのみ!The Vamps「Glory Days」

2020年にリリースされた5枚目のアルバム「Cherry Blossom」収録曲。バンドとしてこれまでと全く違う作品にするため、“生まれ変わる”や“再生”の意味を持つ、日本の桜(Cherry Blossom)からインスピレーションを受けたそう。

アルバムのテーマを象徴するようなこの曲は、生きていることや、人生における自分の居場所を祝福するような曲となっています。



春+ポップは最強!Stephen Day「For Life(Take You out, Treat You Right)」

ナッシュビルを拠点に活動するシンガーソングライター、Stephen Dayが2019年にリリースしたフルアルバム「Guess I'm Grown Now」に収録されているFor Life(Take You out, Treat You Right)。

彼自身は感情を語ることについて必ずしも好まないようですが、このアルバムには多くの喜怒哀楽が詰め込まれていると述べています。For Lifeもまた、Stephen Dayのオリジナリティが盛り込まれたポップサウンドとソウルやジャズ要素がブレンドされた心地の良い楽曲に仕上がっています。


日が長くなってきた夕暮れ時に聴きたい!Sam Wills「Turn Back」

イギリス出身のシンガーソングライターSam WillsのTurn Back。運転席から広がる夕暮れを彷彿とさせる真っ赤な空が印象的なジャケット。

1日を終えたあとの帰り道や家に帰ってほっと一息、スイッチOFFのタイミングに心をほぐしてくれるような優しい曲になっています。Sam Willsのファルセット、シルキーな歌声にもうっとり。

この時期、新生活が始まった方、環境などにまだ慣れず緊張から疲れを感じている方も多いはず。この曲をお供に、ちょっとした羽根を伸ばす時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。