気分が落ち着くネイチャーミュージックプレイリスト【Mixes】March , 2021

Nature Relaxation_Mixes March , 2021

さわやかな情景が浮かぶSaib.の「West Lake」

海辺の街モロッコ・カサブランカ出身のマルチ・インストゥルメンタリストSaib.。Lo-fi hip hopなどのシーンにおいては最重要レーベルでもあるChillhop Musicによるコンピレーションシリーズ ”Chillhop Essentials”の Fall 2017に収録されているWest Lakeは、まさにSaib.の爽やかでトロピカルなギターサウンドも美しく、耳元で情景が広がるような楽曲。

遠出ができなくとも、心を軽やかにしてくれる1曲です。


AOR界を代表するアーティスト Michael Franks「Eggplant」

Michael Franksが1975年に発表したメジャー・デビュー・アルバム「The Art Of Tea」の収録曲。ナスを使った料理を19種類も知っているナス料理が得意な女性と、その女性に魅了された男性のことを歌った菜食主義のMichael Franksらしい楽曲。

ナスの旬はまだ先ですが、軽快なサウンドは暖かくなる春先にピッタリです。



窓を開けて空気を入れ替えるスロータイムに。Emawk「ACOUSCOUS」


ニューヨークのプロデューサー・ソングライターのemawk(aka Kwame Nkrumah)。彼が2月27日にリリースした最新シングル「ACOUSCOUS」は優しいメロディーが心地よく癒し要素が満載!

Music Videoは苦難を共に乗り越え、解決策を見つけていく様子を男性2人がダンスによって表現しています。ありのままや自然体の生き方、考え方を改めて大事にしたいと思えるような1曲です。


美しくも温かみのあるフォーキー・ソウル Bruno Major「The Most Beautiful Thing」


甘美なヴォーカル、ギター・テクニック、親しみやすいメロディー、実体験をもとにした歌詞が特徴のイギリスのシンガー・ソングライターBruno Major

すぐ近くで自分に歌いかけてくれるような親密感のあるサウンドは、癒し効果抜群。Billie Eilishの兄FINNEASと共作したこの曲は、まだ出会ったことのないソウルメイトへのラブレターです。



秘密基地のような特別な場所へ連れて行ってくれるBlue Wednesday x Shopan「Flashback」


カナダのミュージシャン、ソングライターのBlue WednesdayとLAのマルチインストゥルメンタリスト、プロデューサーのRob Araujoの新しいサイドプロジェクトShopanの天才アーティスト2人によって制作されたEP「Directions」が今年1月にChillhop Musicよりリリースされました。

ジャケットから読み取れる不思議な森の中、埃かぶったピアノと生い茂った小道。朝焼けなのか夕暮れなのかの絶妙な黄昏タイムを醸し出すジャケットもちょっとした非日常が演出されています。


春を待ちわびて… Carly Rae Jepsen「Sunshine on My Shoulders」


1974年に全米No.1を記録したJohn Denverの同曲のカバー。まだ寒さの残る冬の終わりに、春を待ちわびて神に祈りを捧げた曲です。Carlyにとってこの曲は、子どもの頃の思い出の曲。

当時、裏庭のハンモックで歌いながら、レコードを何度も聴いていたそう。彼女の1stアルバム「Tug of War」に収録されています。