• HOME
  • Mixes
  • 夏の涼しげなアコースティックソングプレイリスト -【Mixes】July , 2020

夏の涼しげなアコースティックソングプレイリスト -【Mixes】July , 2020

夏がもう目前まで迫ってきています!
楽しいこと満載の夏ですが、問題はうだるような暑さ。少しでも涼しく過ごしたいという人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな夏に最適な、涼しげなアコースティックソング30曲をピックアップ!外出先でお気に入りのイヤフォン・ヘッドフォンと共に楽しむもよし、お部屋で爽やかな時間を過ごすもよしのプレイリストです。

水分、栄養、休息をしっかりとって、素敵な音楽と共に夏を楽しみましょう!皆様にとって今年の夏が素敵なものになりますように。

新人離れしたJohn Mayerの幻のデビューEP収録!デモバージョンの「My Stupid Mouth」

現代の三大ギタリストとも言われているJohn Mayerが、1999年にひっそりインディー盤として発売していた初EPの再発盤に収録されているデモバージョンのMy Stupid Mouth。さわやかなメロディーとJohn Mayerの絶妙で繊細な歌声が心地の良い1曲。

2001年にリリースされたデビューアルバム、Room For Squaresにも同曲のオリジナル版が収録されており、それぞれのアレンジを楽しむことができます。

Cory Wongの新たな一面の開花と魅力が詰まった「Trail Songs:Dusk」

Vulfpeckのギタリスト、そしてソロとしても活動し人気を博しているCory Wongが7/10にリリースしたAL「Trail Songs:Dusk」。収録曲は全てアコースティック楽器で録音されています。アルバムタイトル通り、夕暮れ時にしっとりと聴きたくなる1枚です。

Coryはインタビューにて、立て続けに予定されていた計画がロックダウンの影響でスケジュールがクリアになった。その影響でうまれたスローな時間によって、熟考されたフリーダムなアウトプット・創作が可能になった旨をコメントしています。

8/7にはTrail Songs:Duskに続くアコースティックアルバム、Trail Songs:Dawnのリリースも予定されています。

名曲カヴァーもたくさん!Nataly Dawnの「My Charie Amour」

カリフォルニア出身のシンガーソングライターであり、夫Juck Conteとの夫婦デュオ、Pomplamooseとしても活動するNataly Dawn。

Pomplamooseとしての名曲カヴァーはワクワクするようなアレンジも多く、Music Videoもキュートだと話題になるほどですが、今回ピックアップするのは言わずと知れた名曲中の名曲、Stevie WonderのMy Charie Amourのカヴァー。

オリジナルのノスタルジックな雰囲気を残しつつも、ポップな遊び心が見え隠れするアコースティックアレンジで楽しませてくれます。


あのEd Sheeranも惚れた! Jamie Lawson「Can’t See Straight(Acoustic)」

Jamie Lawsonは、イギリスやアイルランドの優れたソングライターなどを対象にしたノヴェロ賞受賞経験を持つシンガーソングライター。彼の人柄が伺えるような、優しくもソウルフルなヴォーカルが魅力。

「Can’t See Straight (Acoustic)」は、2017年に発表した4thアルバム「Happy Accidents」のファーストシングル。Ed Sheeranと共同で作成されました。EdとのコラボバージョンもYouTubeでチェック!

女性版Jack Johnson! Tristan Prettyman「Love Love Love」

アメリカのシンガーソングライターTristan Prettyman。12歳からはじめたサーフィンの腕前は、プロ級。そんな彼女は、サーフ・ミュージックシーン初の女性シンガー・ソングライターといわれています。

デビューアルバムの表題曲である「Love Love Love」は、地元・カリフォルニアの温かい気候を連想させる王道のサーフ・サウンドと彼女の力の抜けたヴォーカルが相性抜群。疲れた心を癒してくれること間違いなし!

続きを読む
1 / 2

More Music Topic