2021年マイベスト・アルバム!/ Best Albums of 2021 by MEI

Director,EditorのMEIです。
2021年も残すはあと数日となりました。

未だ世界で猛威を振るうCOVID-19。これらに適応していくように、従来のパターンに固執することなく時代にあったスタイルを模索し、柔軟に変化をしているエンターテインメント業界。

そんな涙ぐましい努力を続ける関係者の方のおかげで、今年もたくさんの音楽に出会い、楽しませて頂いたように思います。

アーティストの方々、そしてリリースやプロモーション等に携わりながら音楽業界を支えてくださる全ての方々に、心より感謝を申し上げます。

さて、Butter music magazineでは毎年恒例となってきた個人的マイベスト・アルバム。大変僭越ながら特にお気に入りだったアルバムを総括、今回も2021年を振り返りながら残してみたいと思います。

UMI - Introspection Reimagined

LA在住のシンガーソングライターUMIが2020年にリリースしたEP『Introspection』の収録曲を生楽器でリミックス、リアレンジした『Introspection Reimagined』。ジャムセッション・ジャズ要素たっぷりのこの雰囲気があまりによくて、Discoverでもピックアップさせて頂きました。

パンデミックで人々の行動が制限・孤立する時間から、UMI自身の音楽に対する"新たな探究心"によって生まれたこのアルバム。深い意味と価値を感じられる作品です。

UMI - Introspection Reimagined
Spotify | AppleAmazon

MEI
この時代を生きる人ならきっとグッとくるはず!

Listen to UMI
 Apple Music
 Spotify

Related Article

Mac Ayres - Magic 8ball

ロングアイランド出身のマルチインストゥルメンタリスト/ソングライター/プロデューサーMac Ayres。このヴィンテージソウルに虜!という方も多いことかと思います。

新年明け早々に新譜リリース、さらにConor Albertとのコラボレーションと、2021年も精力的な活動が見られ嬉しい1年となりました。

Mac Ayres - Magic 8ball
Spotify | AppleAmazon

MEI
”Sometimes”は、Mac自身が影響を受けたStevie Wonderを彷彿とさせる美しいソウルナンバー!

Listen to Mac Ayres
 Apple Music
 Spotify

Appears On

Erez Zobary - To Bloom

カナダ・トロントを拠点に活動するR&B・ポップアーティストErez Zobary。グルーブ感あるネオソウル、スウィートポップ、ビターなR&Bなど彼女の多彩な部分が強調された作品。

パンデミックの中制作されたこのアルバムは、目まぐるしく変化する世界のこと、女性として成長する過程で直面する「不安、挑戦、変化」についてを声明的な形で表現しています。

Erez Zobary - To Bloom
Spotify | AppleAmazon

MEI
ある時には繊細でソフト、またある時には力強い歌声にも注目です!

Listen to Erez Zobary
 Apple Music
 Spotify

Efajemue - Aesthetic

LAを拠点に活動するドラマー、プロデューサーEfajemue。2020年のシングル曲「Me, Myself and I」を機にずっと気になっていたアーティストの一人でした。

今年に入りJ3POとのコラボ曲を発表!それからも活動を追っていたところ、まさかの11月にALリリース!嬉しい〜!

この活動の他、セッションドラマー、ドラムセット・音楽制作を教える教員として、またオンライン音楽教育サイト「Soundfly」「Bandzoogle」のコラムニストとしても活躍しているのだそう。

マルチに活動するEfajemueに来年も目が離せません!

Efajemue - Aesthetic
Spotify | AppleAmazon

MEI
今作は全曲インストですが、ネオソウルやアシッドジャズがお好きな方にもおすすめです!

Listen to Efajemue
 Apple Music
 Spotify

Ryan Prewett - Funk Aesthetic

テネシー州ナッシュビルを拠点に活動するプロデューサー、ミックスエンジニア、キーボーディストのRyan Prewett。

2021年2月にリリースしたAL『Funk Aesthetic』は彼が傾倒する80年代のシンセウェーブやオールドスクールなファンク、クラシックなソウルミュージックへの愛情がたっぷりと詰まった1枚です。

Ryan Prewett - Funk Aesthetic
Spotify | AppleAmazon

MEI
おしゃれでアーバンな雰囲気が、気分を上げたい時にもぴったりです!

Listen to Ryan Prewett
 Apple Music
 Spotify

Other Favorite Albums of 2021

Sam Wills - Breathe
まさに待ちに待った待望のデビューアルバムということでロングリピートした1枚です。

Har Mar Superstar - RoseVille
ハッピーになれる1枚!「Where We Began」は特にノリノリです!

Paul Grant - Reflections
待望のNew AL!上品かつレトロなテイストが絶妙な1枚!

SG Lewis - times
全曲リードトラックでは?と感じさせるほど満足度の高いデビューアルバム。

Louis Futon - Couchsurfing
エレクトロニックとファンク、ジャズ、ソウルがカラフルに融合されている1枚!Rob Araujoやquickly, quicklyもゲスト参加。

Great Good Fine OK - Great Good Five OK
エレクトロファンクとインディートロニカを融合させた、エネルギッシュで中毒性の高いシンセサウンドが魅力。シンギュラリティや近未来的な世界観も素晴らしい。

Andris Mattson - North
MoonchildのメンバーAndris Mattsonが、ワシントン州フッドカナル近くの山小屋にてギターとマイク、Logic Proにて作成した1枚。雰囲気そのまま詰め込んだような全てにおいて美しい作品です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

2022年もButter Music Magazineを何卒よろしくお願い致します。

Related Article